歯科用CT

CT

当院では、より安全で確かな歯科治療を提供するため、最新の歯科用CTを導入しております。

このCTでは通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、精密・立体的に見ることができ、インプラント治療のための診査や歯周病の程度、親知らずの状態の把握を正確に行うことができ、より安全、確実に治療することができます。


■より正確な診断とより安全な治療をするために

従来のX線写真では、2次元の平面での診断しかできませんでしたが、この歯科用CTでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られ、飛躍的に精度が向上しました。

見えなかった部分が見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになり、顎の内部構造なども正確に見ることができます。

分からなかったことが分かる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、確かなインプラント治療を行うのに必要な情報を得ることができます。

治療の安全性が広がる
歯科用CTはインプラント治療だけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く様々な歯科治療に応用することができます。それぞれの治療内容において、より正確な診査・診断を行い、治療の安全性を高め、患者さんが納得のいく治療を提供することができます。

■歯科用CTで分かること

歯周病治療において
歯の周囲の骨の破壊の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。

親知らずを抜く場合
歯の位置や向き、また神経との位置関係が3次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。

根管治療において
歯の根の先の病巣の状態など、通常レントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができます。

■歯科用CTの安全性

実行照射時間はわずか11秒で、医科用CTに比べX線照射量は1/8~1/50と大幅に軽減できます。さらに当院で導入されている機種はデジタル化することによって、高解像度にもかかわらずX線照射線量は従来のフィルムに比べて最大1/6まで低減しており、被曝線量を抑えた患者さんの診断が可能です。

 

CT撮影画像 

CT撮影画像の一例です。高解像度で小照射野なCT画像を実現しました。アーチファクトが少なく、鮮明な画像を描出しています。