メインの治療

 当クリニックでは一生涯自分の歯を維持できることを目標に予防・治療・管理を一体としたシステムを導入しております。今までの歯科治療は悪くなって症状が出てから治す、削って、詰めて、被せて、抜く治療が中心で進められ悪くなる原因にはあまり取り組みがなされなかった結果、治療した所が再び悪くなったり、もたなかったりして何度も同じ個所を治療したり、歯を抜いたということをご経験なさった方もおありだと思います。残念ながらこれでは一生自分の歯を守ることは出来ません。歯、お口の健康を維持するために当医院では予防・管理(メインテナンス)を受けることをお勧めしております。

 

●この歯はどのくらい持ちますか?

 

これは私たちスタッフが患者様からよく質問されることですが、下記のような統計が学会から報告されています。どのような修復物でもいくら歯を治しても、従来のように悪くなってから治すと、平均6.4年しか持たないということになります。痛みがとれて、そこが金属などで補強されると、それで治ったものと安心しがちだと思いますが、じつはそれからが大事なのです。壊れてからする治療ではなく、悪くならない予防の治療に取り組んでいただきたいと考えています。

 

修復物の平均寿命

レジン充填(白い詰め物)

5.4年

インレー(金属の詰め物)

5.4年

鋳造冠(被せ物)

7.1年

ブリッジ

8.0年

平均

6.4年

 

●予防・管理(メインテナンス)って何をするの?

 

①新しいむし歯が出来ていないか、歯周病が進行していないかなど検診を行います。

②歯科衛生士が、普段の歯磨きでは取りきれない汚れや歯石を専用の機材と薬を用いて徹底的に取り除きます。またご家庭でのホームケアの仕方もご指導致します。

③アロマを応用した歯肉マッサージにより歯肉を強化します。

④管理の費用は特別なご要望がない限りすべて保険診療の範囲内で行われます。

⑤間隔はそれぞれ患者様の状態に応じ1ヶ月~半年に一回を設定してまいります。

 

 当院では特にメインテナンスについては患者様が快適に治療が受けられるよう、細心の注意を払っております。どうぞ安心して通院してください