矯正歯科

歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくてむし歯になりやすくなったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなってしまったりすることもあります。子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。大人になってからでも、矯正をすることができます。下のような歯並びが気になるようでしたら、一度ご相談にいらしてください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
一般的に出っ歯などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。笑うと前歯の歯ぐきが出てしまうガミースマイルになる場合もあります。

反対咬合(はんたいこうごう)
下顎前突と呼ばれることもありますが、一般に受け口とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。外側からは、下の唇が出ているように見えたり、下唇が厚く見えたりします。また、下の前歯や唇を無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が緊張しているように見える場合もあります。

開咬(かいこう)
奥歯をかんだ時に前歯がかみ合わず、開いている状態を開咬と言います。指しゃぶりや舌を出すクセがあったり、遺伝などが原因でなることがあります。前歯で食べ物をかみ切れなかったり、話すときに正しい発音ができない場合もあります。

叢生(そうせい)
歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。

3才児からの受け口治療 反対咬合用オーラルシールド ムーシールド

出っ歯とは逆に、下の歯が上よりも前に出る「受け口」(反対咬合)の治療法です。

受け口は、審美的な問題だけでなく、前歯でうまく咬みきれなかったり、歯のすき間から息が漏れて正しく発音できなくなるなどの障害も起きるだけに、放置は禁物です。

2才で受け口だった子供さんの半数は自然治癒しますが、3才になると治癒率は6%に下がるという研究結果が出ています。

特に、下の前歯6本すべてが上の歯より前に出ている場合は、ほとんど自然治癒することはなく早期治療が必要です。

ところが低年齢児に対応できる治療法が今まではあまりありませんでした。

3才児健診で相談しても「とりあえず様子を見ましょう」と言う返事が多かったと思います。

そこで研究開発されてきたものが、このムーシールドと呼ばれるマウスピース状の受け口改善装置です。

受け口の場合、遺伝的要因もありますが、口の周りの筋機能がバランスを崩し、舌が下の歯の内側から押す為に下あごの成長が促されてしまう事が原因とされています。

この装置は、そんな筋機能を正常な状態に戻し、歯並びを整えるために,就寝時のみ口の中に装着するように開発された装置です。

1年間をめどに日常生活に影響のない就寝時のみ、くわえるだけという、この装置で3才児からの早期治療が可能になりました。

一本一本きちんとパックされた形状記憶合金ワイヤーを使用しています。
故日本大学松戸歯学部助教授 青島 攻先生より頂いたサーテイフィケート

元日本歯科大学新潟歯学部矯正学教室講師

宮井 敏先生より頂いたサーテイフィケート