MI(できるだけ削らない治療)

できるだけ削らないむし歯治療、MIを当院では行なっています。

■MIってなに?
昔は、どんな小さなむし歯でも、むし歯になってしまったところは取り残しを防ぐため、また詰め物がきちんと歯とくっつくように、少し大きめに削って詰める、というのが正しい治療法だとされていました。

しばらくするとむし歯が再発し、さらに大きく削って詰める。
またしばらく経つとむし歯が広がって、神経を取り、かぶせ物をする。
さらにしばらくすると、悪化して抜歯という処置を取ることになります。

これでは、あっという間に歯がなくなってしまいます。

「MI」というのは、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション:最小限の侵襲)の略で、「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え方のことです。

■当院の考えるMI治療
歯科医として一番大事なのは、患者さんの歯を守ることです。
一度歯を削ってしまうと、二度と再生することはありません。また、自分の天然の歯に勝るものはありません。

そもそもむし歯にならないように、きちんと予防をすること。
そして、もしむし歯になってしまったとしても、二度とむし歯にならないようにできるだけ削らないで治療をすること。
さらに、治療した歯やお口全体の健康を保つために、メンテナンスをすること。
この3つが大切だと考えています。

■MIのメリット
MIにはたくさんのメリットがあります。

・歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができます。
・詰め物の新しい接着方法や新しい歯科素材の開発が進んだため、
  歯と詰め物の境目がほとんどなくなり、むし歯が再発する可能性が低くなりました。
・白い詰め物を使うので、自分の歯との見分けがつかないほどきれいに仕上がります。
・金属を使わないので、金属アレルギーの患者さんも大丈夫です。
・従来の審美治療に比べて、低価格で治療を受けることができます。

■ドックベストセメント
ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントに含まれている銅イオンと鉄イオンのコンビネーションによる殺菌力で虫歯をあまり除去しないで無菌化する方法です。治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにこの治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。また、ドックベストセメント治療は、3Mix法と治療内容が似ていますが、3Mix法と比べて優れている点もいくつかあります。

 ドックベストセメント治療は殺菌力がずっと続きます。3Mix法は、薬剤を混ぜてからの殺菌効果が24時間しかありません。3Mix法の場合、蓋を完全にすることによって、24時間の殺菌力でも有効に働きますが、蓋が完全に出来ないと殺菌効果は下がってしまいます。これに比べてドックベストセメントは、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力が永遠に出続けるため、殺菌力が永続的に続きます。

 

ドックベストセメント治療の材料は天然ミネラル

3Mix法は、抗生物質のため、人によってはアレルギーなどの可能性が完全に無いとは言えず、また妊娠中は使用できません。それに比べてドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、副作用などの危険はありませんので、妊娠中の使用も可能です。なお当院において、ドックベストセメント使用による特別な治療費は頂いていません。

3Mix法の副作用についての報告は、現在までの所ほとんどありません